Windows8.1のゴミ箱の確認について情報をお探しですね。

広告

Windows8.1のゴミ箱について

↓5件紹介します。
●121ware.com > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 015333
https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=015333

●121ware.com > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 013917
http://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=013917

●富士通Q&A – [Windows 8.1/8] 「ごみ箱」内のファイルをすべて削除する方法を教えてください。 – FMVサポート : 富士通パソコン
https://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?PID=1509-8334

●ごみ箱の表示と非表示を切り替える – Windows ヘルプ
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/15057/windows-show-hide-recycle-bin

●Windowsの「ごみ箱」の中身はどこに保存されている? – 道すがら講堂
http://michisugara.jp/archives/2013/trash_can.html

小さいファイルを間違って捨てた時に有効

ゴミ箱が役に立つ場面としては、間違ってゴミ箱に入れたファイルを元に戻したい時でしょう。
それで救い出せるのは、小さいサイズのファイルの場合です。
大きいファイルはゴミ箱に入りきらず即削除されてしまいます。

ゴミ箱に入れたらすぐ消去

基本的にゴミ箱に入れるというのは、ファイルやフォルダの削除についての最終判断が下った後だと思うので、ゴミ箱に移動し終わったことを見計らってゴミ箱を空にするのが普通でしょう。
本当に削除していいのか確認すれば、二重チェックにもなります。
現実にはゴミ箱を経由する時と経由しない時もあるので、いつも二重チェックが有効かといえばそうとは限らないのですが。

ShiftとDeleteで即削除

削除したファイルをゴミ箱に一度仮置きするのが嫌な場合は、削除するファイルとフォルダを選択して[Shift]キーを押しながら[Delete]キーを押すとゴミ箱を経由せず削除されます。急いでいる時は便利に活用できるでしょう。

広告

関連コンテンツ