Windows8.1のプロダクトキーをお探しですね。

広告

プロダクトキーはソフトのシールに書いてある

ソフトのプロダクトキーはソフトにシールが貼られていて、そのシールに書いてあるものを使いましょう。
これなら電話認証になっても、堂々と認められると思います。
ただし認証を行う前に、以前に使っていたパソコンからアンインストールあるいは消去をすることを忘れないようにしましょう。
やましくない状態で電話認証を受けなければならないので。
消去したかどうか答える時もあります。
電話認証ではねられると大変なことになります。

ツールやコマンドで見る方法も有るが

ネットで調べるとツールやコマンドで見る方法も紹介されています。
プログラムの不具合も有るかもしれませんし、シールと値が違っていたら戸惑うこともあるでしょう。
インストールする時、少しでも不安を感じたら、ツールを信じるのではなくメーカーのサポート窓口にプロダクトキーはどうすればいいか聞いた方がいいと思います。
よくわからないけど認証が通ってしまったというのは、気分のいいものでもないですし。はじかれると思ったものが通ってしまったという事例は、ネットでもちょくちょく見るので怖いものです。
ずっとそれを引きずらなければならないというのは良くないです。

OSやソフトは正規版を購入

ネットで激安でプロダクトキーが売られていることもありますが、正規版の確認が取れるものでなければ、おすすめはできません。
普通に高いお金を出して、普通の取扱店で購入された方が身のためだと思います。

必要なソフトは早く買った方がいい

ソフトはだんだん月毎の支払いが必要なライセンス形態に変わりつつあります。
永久ライセンスも、バージョンアップする度に高額なお金を支払わなければならないのですが、使わなくても追加で支払わなくても良かったので気軽に購入できました。
今は使わなくてもライセンス保持のために支払い続けなければなりません。
まだよく探せば古い永久ライセンスのソフトを購入できるかもしれません。
フリーソフトもいつまでも配布されているわけではないので、いいものは長期保存できるメディアに保存しましょう。
MOやミラーリングのNAS、ハードディスクの3重化、M-DISCがいいでしょう。
USBメモリーは書き換え可能回数に限界がありますし、長期間電子を保持できるかもわかりませんし、無くしやすい欠点もあります。
短期間の移動用途には便利に使えるのですが。

広告

関連コンテンツ