Windows8.1のレジストリの最適化について情報をお探しですね。

広告

Windows8.1のレジストリの最適化に関する情報

↓2件紹介します。
●昔とは違う!レジストリクリーナーの必要性と高速化する方法
https://japan.norton.com/registry-cleaner-4685

●レジストリクリーナーは危険な行為 | Windows高速化(XP/Vista/7/8対応)
http://jisaku-pc.net/speed/reji_02.html

レジストリの最適化を手動で行う時代は終わった

レジストリの最適化を行うと、必要な設定も削除されるかもしれません。
レジストリにある情報は、登録時に必要と判断されて追加された情報です。
闇雲に書き込んでいるわけではありません。
Windowsもバージョンが上がるにつれて、設定内容が最適化されてきています。
削除する余地は少なくなっており、必要な部分まで削除するリスクの方が大きいと思います。
私もレジストリの最適化ソフトを使っていませんが、特に困ることもありません。
高速化は他のもっと安全な手法を使った方が効果的でもあります。

Windowsが重くなったら不要ファイルの移動と削除が有効

Windowsの動作が重くなったら、使わなくなったファイルを外付けハードディスクやNAS等パソコンの外に移動しましょう。削除は作った手間が無駄になるので、基本的に移動で済ませましょう。どうしても不要なものは削除してもいいですが。
デスクトップを整理しただけでも、体感的にわかるぐらい軽くなります。
デスクトップでファイルを探すのに時間がかかるようになったら、整理のタイミングかもしれません。

ディスクのエラーチェックとデフラグもいいかも

ディスクのエラーチェックを行うと、ディスクアクセスが減る場合があります。
もうハードディスクが古くなって、傷み始めているのかもしれません。
デフラグも効果的かもしれませんが、その前にディスクのエラーチェックを行ってからの方が安全です。
ハードディスクのイメージバックアップを行って、リストアをかけるのも時間があればいいと思います。
ソフトはAcronis True Imageを私も使っています。
ハードディスクの具合がいいと、ソフトがさくさく動作していいものです。
イメージバックアップは昔はそれほど必要でもなかったのですが、現実的な作業時間でクリーンインストールができなくなりつつあるので、数ヶ月に1回程度は行わざるを得ないと思います。

広告

関連コンテンツ