Windows8.1のローカルセキュリティポリシーについて情報をお探しですね。

広告

ローカルセキュリティポリシーの使い方

↓2件紹介します。
●ローカル セキュリティ ポリシー でセキュリティの強化をしてみよう | 道すがら講堂
https://michisugara.jp/archives/2014/local_security_policy.html

●ローカルセキュリティポリシーを起動する :: アトム電器 三軒家店(有限会社 おかもとでんか) | 大阪大正区の街の電気屋さん
https://www.okamoto-net.com/b720661/

会社のパソコンで使う?

ローカルセキュリティポリシーはパワーユーザーや法人向けの機能と思われます。

自宅の個人のパソコンではあまり使わないような気が

家庭の個人向けのエディションではローカルセキュリティポリシーは使えないようです。レジストリを設定して同じようなことをする方法も有るのかもしれませんが。

Windowsの上位エディションで使える

ローカルセキュリティポリシーは

・Windows Vista Business 以上のエディション
・Windows 7 Professional 以上のエディション
・Windows 8 Pro/8.1 Pro 以上のエディション
・Windows 10 Pro 以上のエディション

で使えるとのことです。

私も初めて聞くような機能なので、セキュリティに関連している機能だなとはわかっても、読んでいて一体いつ使うのだろうかと思います。
あまりセキュリティを上げすぎるとシステムの使い勝手も悪くなります。
クリーンインストールする度に同じ設定ができるかと言えばできないでしょうし。
どこかで落ち着くものなのでしょうけど。
結局個人で出来るのはパスワード認証まででしょう。
今のところ、まだ顔認識や指紋認識は、やり過ぎでしょう。
本当にそれが当たり前となる日が来たら、導入も考えるかもしれませんが。
パスワード認証も覚えにくいパスワードをいくつも設定してしまうと忘れてしまい、仕事にならなくなりかねないのでこれもどこかに限度があると思っていたほうがいいでしょう。
ネットサービスにはパスワード認証が不可欠ですが、あまりにもたくさんパスワードが出来上がるので管理が大変です。良いツールを探して使うしか無いです。

ローカルセキュリティポリシーで解決できる問題では無いですね。
それにしてもネットワーク管理者は、ユーザーがパスワードを忘れた時に対応しなければなりませんが、裏技をたくさん知っていなければならないのでしょうね。

広告

関連コンテンツ