Windows8.1の外国語版を日本語化する方法をお探しですね。

広告

Windows8.1の英語版を日本語化する方法

↓3件紹介します。
●【modern.IE】英語版Windows8.1を日本語化する方法 – 小さい頃はエラ呼吸
http://replication.hatenablog.com/entry/2015/07/28/090000

●日本語化した英語版Windows 8.1のサインイン画面を日本語表記したい: 世の中は不思議なことだらけ
http://snow-white.cocolog-nifty.com/first/2014/02/windows-81-b167.html

●英語のウインドウズを日本語化!! (Windows8 Pro編) | ハワイ奮闘記
https://ameblo.jp/alohapc/entry-11459414616.html

一番いいのは日本語のWindows環境を入手

一番いいのは日本語版のWindowsがプリインストールされた環境を入手する事です。
外国語版を無理して日本語化しても、どうしても日本語化できない部分は残ってしまいます。普通に日本語環境を使っている人が多いと思いますが、こういう事を聞くと日本語環境の有難みを感じてしまいます。

外国語版を使うと外国語の学習ができるが

外国語版のWindowsを語学学習したつもりで使うのも有意義だと思います。
メニューに出てくる単語をいくつか覚えるだけでも、いい勉強になるでしょう。
海外に出かける事の多い人はやっていて損は無いかもしれません。
私は海外なんて若い頃に1回しか行ったことがないですね。
自分の英語がなぜか通じてしまったこと、日に日に日本語を忘れていく不思議な感覚は忘れられません。
数日の外国旅行であれば生きているのに必要な語学力が有れば何とかしのげますが、外国語を使う仕事をする人は生の英語に接したり、留学経験等が無いと取引上危険な場面もあるかもしれません。
学校の外国語が一番役に立った場面は外国旅行でしょうか。
あとシステム開発を行う時は日本語より英語のキーワードを入れることが多いので、ここでも結構役に立っているのかもしれません。
学生時代に身につけたことは社会に出ると忘れてしまうことも多いですが、忘れ残りしたものは人生を支える知恵へと変わっていくのでしょう。

買う前にどう使うか考えておくと無駄遣いが減る

買う前にどこでどんな用途で、ものを使用したいかというイメージがあると、どんなものがいいか絞れてくるので、買ってから後悔することは少なくなると思います。

広告

関連コンテンツ