Windows8.1の認証回避についての情報をお探しですね。

広告

普通に認証されては

Windows8.1に限らず、近年のパソコンソフトは使用前にライセンス認証が要求されます。
普通にお金を出して買ったはずなので、ライセンス認証を普通に行っても何もやましいことはないはずです。
ネットには、ライセンス認証を普通に行うための情報もたくさん有ります。
ネット上の情報よりもっと上質な情報を求めている人は、書籍を購入しても良いでしょう。これで全く問題ないはずですが。

不正なことをすると消せない履歴がどこかに

不正なライセンス認証をすると、海の向こうか国内のライセンス認証サーバーに情報が登録されてしまいます。おそらくその情報は、外部の人間がどうこうできる情報ではないでしょう。普通に認証していないパソコンはリストアップされているかもしれません。
技術的には可能なはずなので。

OSは普通に買って普通に使う

Windows8.1に限らず、パソコンソフトは普通に買って普通に使う。
これ以上のことはないと思います。
Windows8.1はだんだん入手しづらくなっていますが、まだ数万円で買えます。
必要な人は、特殊なインストールの仕方を調べる前に急いで買ってきましょう。
インストールはそんなに難しくもないです。
DVDをセットして、画面の指示に従えば大体できるでしょう。
お金を捻出できない時は、今あるパソコンのOSを使い続けましょう。
あと早く仕事に戻りましょう。
それが現実です。
あと仕事をして収入が有っても、買えない程高価な業務ソフトも世の中には存在します。
それは会社に買ってもらって、会社で使い方を覚えるしかないです。
無理して個人で買っても、家で使う時間も機会もデータも無いと思います。
転職したら転職先の会社にそのソフトが無く、別のソフトを使わざるを得なかったということもよくありがちです。余程の高収入の方でなければ、ある程度で諦めは肝心です。

飯の種になることに使おう

Windowsの不正なインストール方法を知っても、その人にお金を払う人はいません。
普通に買ってきて普通に使った人の技術には、お金を支払う人はいます。
不正なライセンスで環境を構築して、作った成果物には不正な痕跡が残るかもしれません。それを判別するソフトが遠い未来に公開され、何十年分の成果物すべてに不正と表示されたら泣くに泣けないでしょう。
今まで生きてきた人生は何だったのかと思うでしょう。
普通のことをしましょう。

広告

関連コンテンツ